もん吉の広場 猫の飼い方・選び方 サイト内検索

猫の肺炎

  もん吉の広場猫の飼い方・選び方―もくじ>猫の肺炎
スポンサードリンク


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
 *ハムスターの
      飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 
猫の肺炎 

肺炎は肺の中で起こる炎症の病気です。

症状が進行する速度が速いため重篤な場合

には命を落とすこともあります。


猫の肺炎の症状

だんだんと咳をする頻度が多くなり、咳をする

のと一緒に大量のタンや粘液なども出て、呼

吸が困難になってきます。

さらに呼吸が苦しいので動くのも嫌がるように

なります。


熱が出たり、すぐに眠ってしまうようになったり

食欲もなくなったりします。


猫が肺炎にかかると何とか呼吸をしようとして

前足を開き気味にしてはやい速度の浅い呼吸

をするようになります。咳もだんだん多くするよ

うになります。


猫の肺炎の原因

原因は細菌感染やウィルス感染などや、空気

の汚れ(たばこの煙や化学物質で汚染された

空気)などによっても起こりますし、また猫ウィ

ルス性呼吸器疾患の病気が進行してくると、

気管支炎や鼻炎や咽頭炎になるのですが、

肺炎にもなる場合があります。


猫の肺炎の診断方法

獣医さんは猫の胸の音を聴診器で調べます。

それと肺炎を見つけるにはⅩ線検査が必要

になります。さらに血液も検査します。血液検

査をすると、肺炎にかかっていると白血球の数

が増えるのでわかります。

確実に感染因子を解明するために、呼吸器の

粘液などを取り出し調べることが多々あります



この感染因子を知ることで個々の猫に最適な

抗生物質などを探しやすくなります。


猫の肺炎の治療方法

猫が肺炎になると呼吸器系統の分泌物が増

加するので、必要な体液が失われてしまうので

静脈内輸液をしなければなりません。

入院をして呼吸をしやすくするために気道を

広げる薬で投薬治療とさらに呼吸を潤滑に

させるために、酸素吸入をする場合もありま

す。

異物を誤って飲み込んでしまった場合やもしく

は化学物質などを吸い込んでしまって肺炎に

なってしまった場合にはこれらを排除すること

はまず難しく、猫は一生を咳と共に生きていか

なければなりません。


猫が肺炎にかかっているとわかったら

衛生的で静かなところで猫を休ませてあげまし

ょう。それから動物病院に早めに連れて行きま

しょう。

 猫の肺炎  TOP
 
スポンサードリンク

スポンサードリンク





 サイト内検索
  もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved