もん吉の広場 猫の飼い方・選び方 サイト内検索

猫の耳介の外傷

  もん吉の広場猫の飼い方・選び方―もくじ>猫の耳介の外傷
スポンサードリンク


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)


*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 
猫の耳介の外傷 

耳介を爪などで引っ掻いてしまった傷や、皮膚

などが裂けてしまった傷などのことです。


猫の耳介の外傷の症状

猫の耳は薄っぺらい軟骨からできています。

体の他の部分に比べると筋肉や皮膚の下の

組織の割合が低いためたとえ少しの衝撃だっ

た場合でも血管に障害を受けやすくなっていま

す。

さほど大きな傷でない場合でも出血は多くなり

ます。


直接的な傷からの痛みがない場合でも、傷に

よる出血で耳に違和感や不快感があるとまた

自分で耳を引っ掻いてしまったり、頭をぶんぶ

ん振ったりするようになる場合があります。


猫の耳介の外傷の原因

耳介の外傷の原因は大概は猫同士のケンカ

によるものです。ケンカの際によく耳をかまれ

たり引っかかれたりすることはよくあります。

家の中でのみで一匹飼いの場合にはないこと

ですが、野良猫の場合にはよくみられます。


猫の耳介の外傷の治療方法

傷口を塩水で洗います。

傷口がさほど大きくない場合には殺菌効果の

あるクリームやパウダーなどを塗っておきまし

ょう。


耳が傷ついてから何日かの間に傷口が炎症を

起こしてしまった際には抗生物質などでの治

療がいる場合もありますので、一度動物病院

で診察を受けましょう。


耳の傷の部分を包帯で固定しておきたいとき

には普通の包帯だとほどけてきてしまうので、

ストッキングなどを使うとよいでしょう。

こういった方法でも猫が自分で外してしまった

りする場合には動物病院でなにか良い方法は

ないか相談してみましょう。


飼い主さんにできること

塩水の作り方

ひと肌より少し暖かめのお湯500mlに対して

小さじ1杯分の塩を溶かします。

この塩水で傷口を洗います。傷口がきれいに

なったら傷の程度を確認して、もし傷口が深い

場合には傷口を縫わなければならない場合も

ありますので、一度動物病院で診察してもらい

ましょう。

 猫の耳介の外傷  TOP
 
スポンサードリンク



スポンサードリンク





 サイト内検索
  もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved