もん吉の広場 猫の飼い方・選び方 サイト内検索

猫の骨折

  もん吉の広場猫の飼い方・選び方―もくじ>猫の骨折
スポンサードリンク


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)


*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 
猫の骨折 

骨折の形態も様々ありますが、きれいに二つ

にポキッと折れているものから、粉々になって

骨折になっているものや、あと折れるまで

はいたらなくても曲がってしまいヒビが入ってし

まっている場合など様々ですが、これらはすべ

て骨折になります。


骨折の名前もわかれていて簡単にポキッと折

れていて皮膚などに刺さっていない場合には、

“単純骨折”といったり“閉鎖骨折”といいます



反対に折れた骨が皮膚にまで刺さってしまっ

ている場合には“開放性骨折”や“複合骨折”

や“複雑骨折”などといいます。


あとは骨が粉々に分かれてしまっている場合

には“粉砕骨折”といいます。

そして猫の一番骨折率の高いの場所は、

やはり足です。


猫の骨折の症状

足を動かすときに痛がったり、触ると痛がった

り、折れているところが大きく腫れていたり、

猫の動作がいつもとは違う動き方になります。


猫の骨折の原因

猫の骨折のほとんどの原因は高い場所から落

ちたり、飛び出しなどからの交通事故や、他の

大きな動物に蹴られたりなどの原因で骨折し

ます。


しかし子猫の頃はかなり弾力性に優れた骨に

なっているのでちょっとした衝撃には耐えられ

るようになっています。


ですが大きくなるにつれ毎日与えられる食事が

カルシウム不足な食事ばかりでは、だんだんと

成長していくにつれ弾力は失われていきとても

骨折しやすい骨になってしまいます。


猫の骨折の治療方法

骨折の度合いによって治療法は異なります。

基本的には自然に治すことを目的としています

。そのための手助けというか前準備になります

が元通りの状態で治ってほしいので、まず折れ

てしまっている端っこどうしをくっつけて、そして

患部が動かないように固定します。

この状態で自然に治るのを待ちます。


固定する際に使用するのがギブスや添え木な

どですが、これは折れた骨の端がくっついてか

ら行います。


骨を正しい場所に固定するために金属の板を

ネジでとめて固定する手術を行う場合もありま

す。


猫が骨折したら

猫が骨折した場合には動かさないことが一番

です。骨折しているのに無理に体を動かしてし

まうとさらに症状が悪化する恐れがあります。

折れているところを心臓より高くして、血液の流

れを悪くしてあげると痛みや腫れを抑制するこ

とができます。

しかし骨折しているとわかったらなるべく早め

に動物病院での治療を始めてください。


 猫の骨折  TOP
 
スポンサードリンク



スポンサードリンク





 サイト内検索
  もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved