もん吉の広場 猫の飼い方・選び方 サイト内検索

猫ウイルス性呼吸器疾患

  もん吉の広場猫の飼い方・選び方―もくじ>猫ウイルス性呼吸器疾患
スポンサードリンク


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
 *ハムスターの
      飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 
猫ウイルス性呼吸器疾患 

猫ウイルス性呼吸器疾患の症状


症状は風邪によく似ています。

この猫ウイルス性呼吸器疾患は猫が比較的

よくかかる病気です。

この病気は感染性の病気なので複数猫を飼っ

ている場合は移ります。具体的な症状としては

食欲が落ちたり、熱が出たり、くしゃみや鼻水

や、元気がなくなったり、目が赤く充血したりし

ます。

あと咳がでたり、ベロのところに潰瘍もある場

合もあります。


猫ウイルス性呼吸器疾患の原因

この猫ウイルス性呼吸器疾患にかかる原因は

2通りありますが、両方ともウイルスによるもの

です。


☆猫カリシウイルス(猫カリシウイルス感染症)

☆猫ヘルペスウイルス(猫ウイルス性鼻気管炎)

です。


これらに感染している猫がくしゃみをした際に

ウイルスが体から飛び出し他の猫にも移りま

す。


さらに症状が出ていなくてもウイルスを体に

保菌(持っている)している猫が、他の猫に菌を

移してしまう場合もあります。こういった猫を

キャリアと呼んでいます。


この病気にかかっているかの判断方法

猫ウイルス性呼吸器疾患にかかっているかど

うかの判断は、動物病院の獣医師が猫の体を

診て、それとのどの粘液を綿棒などで採取して

それを検査してくれる機関に送ったりする場合

もあります。


猫ウイルス性呼吸器疾患の治療方法

治療するには飼い主さんの看病とそれと同時

に薬を使います。飼い主さんは猫が体力を取り

戻すために水を飲ませてあげたり、エサを食べ

やすいように工夫してあげたりしましょう。

それと薬は猫の苦痛を緩和させる薬剤を投与

します。それと他の猫に移らないようにする抗

生物質なども病院から出されます。


この猫ウイルス性呼吸器疾患にはワクチンが

ありますので、事前にワクチンを接種しておくと

予防になります。完全に防げるといったもので

はありませんが、打たないより打っておいたほ

うがかかっても症状が軽くて済みます。


猫が猫ウイルス性呼吸器疾患にかかってしまったら


自分の飼っている猫が猫ウイルス性呼吸器疾

患にかかっているとわかったら、飼い主さんは

まずその猫を他の猫と接触させないように別の

場所に隔離しましょう。


ウイルスは乾燥を好むのでなるべく湿度を保っ

て暖かくしておいてあげましょう。そして猫を

安静にさせておきます。


ウイルスが猫の体の中に潜伏している期間は

だいたい2日から10日くらいです。


看病して症状が治ってもウイルスを保持したま

まのキャリアの状態のままになるケースがほと

んどです。

できることならばその後も他の猫との接触は

避けたいところですが、実際はそういう訳にも

いかないでしょう。


念のために家にいる猫にはワクチンを接種して

おいたほうがよいでしょう。

ワクチンは接種の方法は2種類ありますので、

注射するタイプのものと鼻から投与するタイプ

とそれぞれ猫に合わせて摂取しやすい方法を

獣医さんと相談して決めましょう。




 猫ウイルス性呼吸器疾患  TOP
 
スポンサードリンク


スポンサードリンク






  サイト内検索
  もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved