もん吉の広場 猫の飼い方・選び方 サイト内検索

出産・避妊・去勢を計画的に決めよう

  もん吉の広場猫の飼い方・選び方―もくじ>出産・避妊・去勢を計画的に決めよう
スポンサードリンク


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 
出産・避妊・去勢を計画的に決めよう 

まず猫を飼ったらオスでもメスでも子供を産ま

せるかどうかを決めましょう。


繁殖目的でないならおすすめなのは、避妊・

去勢手術をすることです。


なぜなら避妊・去勢手術をすることでメリットが

たくさんあるからです。


生殖器がある以上、それに伴う病気が起こりう

る可能性を残すことになりますが、手術で生殖

器を取り除くことで生殖器系の病気を予防する

ことができます。


メスの場合はたとえば乳腺腫瘍(がん)や子宮

蓄膿症などです。


子宮や卵巣を取り除くので子宮蓄膿症にはか

からなくなりますし、性ホルモンもでなくなるの

で乳腺腫瘍にもかかる確率も低くなります。


なので避妊手術を行うことでメス猫の病気を

防ぐことができ同時に健康な体で寿命を延ば

すことにもつながります。


オスの場合は去勢手術ですがこちらも良いこと

がたくさんあります。


完全に室内で飼っている猫でも発情期になれ

ばオス猫は本能的にメスを求めて部屋から

脱走をしてしまいます。


脱走すれば外の世界に不慣れな室内飼いの

猫は危険がいっぱいです。


夢中で本能のままにメス猫を求めて途中で車

にひかれてしまったり、ケガをしたりなどの事

故にあうかもしれませんし、もしどこかのメス猫

と交尾に至った場合は飼い猫のメスの飼い主

さんに迷惑をかけてしまいますし、もし誰にも

飼われていない野良猫だった場合でもまた

野良猫を増やしてしまうことにもなります。


出来ればそんな不幸な野良猫は増やしたくな

いものです。


去勢手術をきちんとしていればそういった心配

はしなくて済みますし、メスを求めることもなくな

りますので脱走しようとも思わなくなります。


さらにオス猫特有の縄張りを主張するために

壁にオシッコをかけるスプレー行為も防ぐこと

ができます。


手術できるようになる時期はだいたい生まれて

から1年ほどしたころですが、手術のタイミン

グは動物病院の先生によってさまざまです。


飼い主さんと獣医さんとでよく相談して決めま

しょう。


人間の感覚からすると、一度くらいは子供を

生ませてあげたい、と思われる方もいるかと

思われますが、猫には自分がメスだから、オス

だから○○といったことは、まったく皆無です。


発情期は本能的に起こっていることなので、

猫たちはそれにしたがっているだけなのです。


飼い主さんがもし子猫を必要な場合には、出

産をさせたら、そのあとで避妊・去勢手術を

させましょう。


出産の計画がもうないのにそのままにしている

と病気のリスクを温存することになり、猫には

良くない状態のままとなります。


なので出産の計画がなければ早い段階で避妊

・去勢手術しましょう。


ちなみに手術した猫は子猫の気分がずーっと

続くので遊ぶことが大好きな猫になります。

それと肥満になりやすくなるので気を付けまし

ょう。


 出産・避妊・去勢を計画的に決めよう  TOP
 
スポンサードリンク


スポンサードリンク






もん吉の広場サイト内検索ボックス
  もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved