もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬が急に歩かなくなる原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬が急に歩かなくなる原因
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬が急に歩かなくなる原因  


<原因>

肺・気管支の病気、心臓疾患

(フィラリヤ病、僧房弁閉鎖不全症等)、

四肢の病気など。


<症状>

心臓疾患はもともと生まれつき心臓に

奇形のある場合などや、犬がもう育って

大きくなって、フィラリヤ症などにかかる

場合があります。


もしくは心臓の弁が異常をおこし症状

があらわれる犬もいます。


<治療法>

もともと生まれつき心臓が奇形の犬は

生まれてから半年になる前に様々な

症状が現れたら早急に対処しないと

なくなってしまうこともありますので

注意しましょう。



もともと奇形で生まれてきてしまった

子犬も比較的症状が軽い場合は

飼い主さんの献身的な協力で食事

療法に気を付けたり、きちんと安静を

とったりときちんと管理ができれば

かなりの長い間命を保つことができ

ます。


フィラリヤ症からくる心臓の病気は、

フィラリヤの治療を行うと同時に心臓の

働きを助ける薬との併用治療が必要に

なる場合があります。


ですが症状が出て治療の前に根本的な

ところが大切です。
フィラリヤ予防をして

心臓にフィラリヤを寄せ付けないように

することです。



僧坊弁閉鎖不全症は加齢とともに

発症率が高くなってきます。さらにこの

症状の治療をしなくてはどんどん症状は

進行していきます。


飼い主さんは病気の進み具合を

見ながら運動をちょっとずつ減らしたり、

食事の塩分を少なくしたりと犬の手助け

をしていくことができます。


病院で定期的な健診を受けて症状に

あった薬などで処方してもらいさらに

効果を上げていきましょう。


 犬が急に歩かなくなる原因  TOP

スポンサードリンク


関連記事
・ 歩き方がへん
スポンサードリンク





 犬が急に歩かなくなる原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved