もん吉の広場   犬の飼い方・選び方 サイト内検索

ダルメシアンの飼い方


  もん吉の広場犬の飼い方・選び方ダルメシアンの飼い方
スポンサードリンク

スマホ版はこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー



スポンサードリンク



 ダルメシアンの飼い方  
 

★名前の由来と生まれた場所

原産地にはいろいろな候補がありますが、

オーストラリアのダルマティアという地方に

いたところから名前がつけられました。


山を登る馬車を守る犬として利用されていま

した。イギリスに渡りそのかわいらしい斑点

から人気が出ました。


それから猟犬やマスコットとして仕事をあたえ

られ活躍しました。今では世界中で家庭犬とし

て愛されています。


★毛の質と容姿

かわいらしい斑点が魅力です。すっきりとした

体でバランスがよく筋肉もしっかりしていて

丈夫な体です。


★大きさ

この犬種の大きさは48,3センチから58,4センチ。

体重は30キロ程度。


★寿命

だいたい10年から12年。


★性格と行動傾向

社交的で精神状態も安定しています。

ごくたまに怖がりな子もいたりしますが、

元来は活発的な犬です。


★健康管理の気をつけること

活発な運動による肉体的な負担と冬の

寒さ対策に気をつければ

丈夫な犬種です。たまに視聴覚や尿の検査

が必要なものがいます。


★エサのあげ方の気をつけること

質の良いドッグフードを必要量与えるほか、肉や魚の身等のたんぱく質

や野菜なども与えると理想的なバランスの良い食事になります。


★しつけの際の気をつけること

犬と一緒に遊びながらけじめのある接し方を

心がけ服従心を育みます。幼少期から

人の前に出てあるかない・呼んだらすぐに

来る・夜は一人で静かに寝床で寝られる

ように、これらのしつけだけはしっかりと

身につけさせましょう。


★お手入れの際の気をつけること

散歩や運動をして汚れたら濡らしたタオルで

拭いてあげてそれから乾いたタオルで

拭きます。日頃は豚毛ブラシでブラッシング

してあげる程度で十分です。


★運動の際気をつけること

とても運動量を必要とする犬です。

大人の犬ならボール遊びや広場などでの

他の犬との遊びや自転車での引き運動など、

1日に2時間は運動が必要になります。


運動が不足すると肉体的にも精神的にも

悪影響を及ぼします。


★犬小屋の大きさ

犬小屋は70センチ×100センチ×高さ80センチ

ほど。これくらい広さがあれば冬の寒い時期に

ペットヒーターを床の半分ほど入れても熱く

なったときに逃げられる広さがあります。


そのほか庭などに犬が自由に運動できる

広さがあればベストです。


★ダルメシアンに向いている飼い主

十分な運動をさせてあげられる時間の余裕が

あることと近くに広場があるかたが向いて

います。


あと必要以上に甘やかしてしまわない方が

この犬に向いています。


★心配される病気

先天性疾患として難聴、尿路結石や緑内障が

あるとされていますが、ごくまれです。


ダルメシアンの飼い方   TOP


関連記事
チワワ
トイ・プードル
ミニチュア・ピンシャー
ポメラニアン
パピヨン
ウィルッシュ・コーギー 
セント・バーナード
日本スピッツ
グレート・ピレニーズ
シーズー
ミニチュア・シュナウザー 
ブルドッグ
ミニチュア・ダックスフント
スポンサードリンク







 ダルメシアンの飼い方 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved