もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬に針が刺さってしまったら


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬に針が刺さってしまったら
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬に針が刺さってしまったら  

<原因>

がびょうやお裁縫用の針や、釣り針、

または釘やとげなどが、足や口に刺さった

など。


<特徴>

子犬などは特に人間が扱っているものに

とても興味深々です。なのでそれを口で

くわえてみたり、足でつついてみたりして、

そのうちに刺さってしまったりします。


さらにお裁縫の針や釣り針などを道具箱に

しまい忘れたり、落っことしていることに

気が付かない場合も大変危険です。


犬を飼っている場合は常日頃からこういった

危険物には気を付けておきましょう。


犬の様子がいつもと違いおかしな場合には

一度なにか異常がないか犬の体を調べて

おきましょう。


<応急処置方法>

まっすぐな針などでしたら、ピンセットなどを

使いそおっと抜いてあげましょう。

もし曲がってい針やかえしがついた釣り針

などの場合はピンセットなどで抜くのは

無理がありますし、犬の痛みが増します。


この場合には針にさわらないで動物病院に

つれていきましょう。さらにもし針を飲み込ん

でしまった場合には緊急事態ですので、

早急に動物病院に連れて行ってください。


  犬に針が刺さってしまったら  TOP  

スポンサードリンク


関連記事
 高い場所から落ちてしまったら  
  ヘビやハチに襲われた
 電気のコードをかじってしまった  
 もしも交通事故にあってしまったら   
 ・ 毒を食べた

 犬の毛を切っていて犬の皮膚も
  切ってしまった
 リードで犬の首がつってしまった 

 犬をふんずけてしまった、蹴飛ばして
  しまった
 

足をガラスや釘や木の枝などで切って
 しまったら

 シャンプーしているときに犬の耳に水
  が入ってしまった

 シャンプーしているときに犬の目が
  赤くなってしまった

 ボールなどが犬の目にあたって
  しまった
  ・溝や側溝などに落ちたら 
  爪がはがれてしまったら
  他の犬にかみつかれたら
  散歩の途中で歩かなくなる  
スポンサードリンク





犬に針が刺さってしまったら  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved