もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬の体のしこりの原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬の体のしこりの原因
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー



 犬の体のしこりの原因   

 
<原因>

リンパ腫、骨肉腫、乳腺腫瘍、

皮膚腫瘍など。


<症状>

多くの犬のしこりの一種に
乳腺腫瘍

いうのがあります。中年から高齢の

メスの犬に多くみられるもので、一個

の乳腺のみならず
複数の乳腺にも

触るとしこりが確認できます



さらに皮膚の腫瘍も多いです。

体や、足や、口腔内等いろいろな部位

にみられ、腫瘍の種類により、形や

サイズも違いがみられます。


体のそれぞれのところにあるリンパ腫

が腫れてくるのが
リンパ腫でほとんど

の場合は
右と左のリンパが同じように

腫れてきます。



骨肉腫は大型犬に多いのですが、

足を痛がって引きずって
歩いていたり、

足が腫れてきたり、歩き方がへんに

なります。



スポンサードリンク



<治療法>

どの腫瘍・癌の場合でも早期発見と

早期治療が肝心です。
乳腺の腫瘍で

はしこりのある乳腺のあたりを広い

範囲で手術で取り除かなければなり

ません。


腫瘍が悪性の場合手術が手遅れに

なったり他の臓器などに腫瘍が転移

していた場合は生命が危うくなります。


皮膚の腫瘍にも悪性のものと良性の

ものといろいろな種類があります。


いぼ状のちっちゃな乳頭腫は良性腫瘍

ですが、偏平上皮癌や肥満細胞腫など

は悪性の腫瘍で、いろいろな臓器に

転移するものです。


人の目でみただけでは判断できない

ので腫瘍の一部取り出し病理検査を

して区別します。



リンパ腫の場合は早期治療しなければ

わずか
数か月という単位で命を落とす

恐ろしい病気です。
ですがきちんと

治療を施せば治療の影響は大きく、

治療後しばらくはいいコンディションを

保つことが可能です。


  犬の体のしこりの原因  TOP 

関連記事
  急に痩せてきた、太ってきた  
 ・毛艶が良くない、脱毛する   
  体が熱い
  体をかゆがる
 ・お腹が大きくなってきた
スポンサードリンク





  犬の体のしこりの原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved