もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬が体をかゆがる原因


  もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬が体をかゆがる原因
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー



犬が体をかゆがる原因   
 
<原因>

アレルギー性皮膚炎、シラミ、膿皮症、

外部寄生虫、ノミ、ダニ、真菌症、毛包虫、

<ニキビダニ>、カイセン<ヒゼンダニ>

など。


<症状>

犬が一度かゆいと思うと我慢できなく

なるので、出血したり毛が抜けるまで

掻いてしまいます。


足で掻けないしっぽやしっぽの付け根

部分などは口で噛んでちょっとでもかゆい

のを抑えようとします。結果毛が抜けて

しまいます。


こういった
すごくかゆみがあるときは、

湿疹やかさぶたになったり、フケが

目立つようになったり、体全体の皮膚

が赤くなったりすることもあります。


スポンサードリンク


<治療法>

かゆみの原因を排除することが大切です。

方法としては首輪タイプのものを利用

する。これはノミやマダニの場合。他にも

犬の背中に液体タイプの薬を垂らすか

スプレータイプのものかパウダーの

タイプのものなどを利用する。


犬に一番合うタイプを選ぶとよいでしょう。

外部寄生虫の場合は内服薬や注射や

薬浴などで駆除する
ことができます。

あまりにもかゆみがひどい場合は

かゆみ止めを一緒に使いましょう。


脱毛や湿疹を起こしている皮膚炎と

ともに、
細菌感染で化膿してしまって

いるものがあります。



これを膿皮症といいます。
この場合の

皮膚炎は抗生剤などでの治療が必要に

なります。



やっかいなことにこの
皮膚炎は治療期間

が長期になります。
完治するまでに

長い場合で2,3か月ほどかかる場合

もあります。


なので治療途中で薬をやめてしまったり

してしまうとまた皮膚炎が再発・悪化して

しまう場合がありますのであきらめずに

根気よく治療していきましょう。


 犬が体をかゆがる原因  TOP 

関連記事
  急に痩せてきた、太ってきた  
 犬の体にしこりがある
 ・毛艶が良くない、脱毛する   
  体が熱い
 ・お腹が大きくなってきた
スポンサードリンク





 犬が体をかゆがる原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved