もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬の毛艶が良くない場合や犬の脱毛の原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬の毛艶が良くない場合や犬の脱毛の原因
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー

犬の毛艶がよくない場合や脱毛する原因   
 
<原因>

慢性疾患、寄生虫疾患、ホルモンの

分泌異常、栄養不足など。


<症状>

毛の艶が悪いと思ったら気づいたら

脱毛していて、ひどいときには脱毛した

ところが黒ずんだり、かさぶたになる

ような場合の皮膚炎もあります。


ホルモン分泌の異常の場合は特徴と

して頭や足の毛以外が脱毛して、

皮膚が黒ずみ、
左右対称に抜ける

ことが多いです



免疫異常の場合は顔の毛や耳の毛が

抜けて皮膚が赤くなり、かさぶたに

なります。


<治療法>

皮膚病の判断はとても難しいので

きちんと病院で診察を受けましょう。


いつどのようにどんな風になったのか

ということをちゃんと答えられるように

犬の様子をよく観察しておくことが

大切です。


皮膚炎はその日ごろの状況から

診察に役立つことが結構ありますので

書き留めたりしておくとよいでしょう。


免疫異常の皮膚炎や、ホルモン分泌

異常の皮膚炎の場合は治療が
生涯に

もわたることも多々あります
し、薬など

の副作用などもありますので、飼い主

さんは獣医さんとこまめに連絡を

取り合いながら犬に最適な治療法を

根気よく続けていきましょう。


  犬の毛艶が良くない場合や脱毛する原因  TOP 

スポンサードリンク


関連記事
  急に痩せてきた、太ってきた  
 犬の体にしこりがある
  体が熱い
  体をかゆがる
 ・お腹が大きくなってきた
スポンサードリンク








 犬の毛艶が良くない場合や脱毛する原因  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved