もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

オス犬の睾丸が腫れている


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>オス犬の睾丸が腫れている
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


オス犬の睾丸が腫れている  

 
<原因>

精巣腫瘍、陰囊炎、精巣炎など。


<症状>

オス犬の睾丸が腫れている場合考えら

れるのが
精巣炎陰嚢炎などです。

ほとんどの場合
切り傷や怪我したところ

から細菌が入り炎症になるケースがみら

れます。



この場合は炎症を起こしている患部が痛み

があったり、熱を持っていて犬は患部を触ら

れるのを嫌がります。


さらに体を動かすと炎症を起こしている

ところが痛むため、歩くのを嫌がります。

化膿や炎症がひどくなってしまうと熱が

出てきて食欲が落ちたりします。


犬が陰嚢を気にしてなめたりしていると、

皮膚がやぶれてきたり膿が出てくること

があります。


<治療法>

去勢の手術をすると腫瘍を予防すること

ができます。
まだ去勢手術をしてないオス

の犬を飼っている飼い主さんは犬の陰嚢の

状態を触って定期的に異常がないか確認

してあげましょう。


陰嚢は犬の体の体温よりも低くなるように

なっています。陰嚢が炎症などの症状で

熱が高くなってしまうことは悪い状態に

なります。


触ってみてちょっとひんやりしているくらい

が普通の状態です。
触ってみてほんわか

暖かいかな?と思ったら要注意です。

早急に治療しなければならないケースも

あります。



 オス犬の睾丸が腫れている  TOP  

スポンサードリンク


関連記事
 肛門の周囲にできもの  
  ウンチが出づらい
  睾丸が一つしかない
スポンサードリンク





 オス犬の睾丸が腫れている TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved