もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬の口臭がにおう、よだれがたくさん出る


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬の口臭がにおう、よだれがたくさん出る
スポンサードリンク

 スマートフォンページ

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬の口臭がにおう、よだれがたくさん出る 

<原因>

歯周病、口内炎、口腔内腫瘍、舌潰瘍など。


<症状>

歯周病は歯石がついて歯肉炎になり症状が

進むと歯周炎になります。

歯周炎になると歯槽骨で炎症が起こり、歯が

グラグラになったり、

さらには頬の肉をやぶり膿や血が外に出る

場合もあります。


舌腫瘍や口内炎はくさいにおいのよだれが

特徴で、痛むので食欲がなくなってきます。

犬の細かな様子をよく観察しておきましょう。


<治療法>

歯石はワクチンやフィラリや予防注射などの

定期的な健診のときに獣医さんに歯石を

一緒に診てもらいましょう。


歯石が進行しないうちに取り除いてもらいま

しょう。犬の歯石の除去は全身麻酔をかけて

行うので早いうちに予防しておきましょう。


歯周炎にまで症状が進んでしまった場合は

消炎剤や抗生剤による治療を長い期間行う

場合が多くあります。


また歯槽骨の形が変わってしまうこともありま

す。炎症が進み、頬の肉がやぶれた場合は

傷口を消毒し、それから傷口をふさぐ手術が

必要になる場合があります。


舌が炎症した場合は普通は薬で治せますが、

口腔内の腫瘍では難しくなります。

歯肉、口蓋、舌、頬の粘膜らにできる腫瘍は

見つけることがなかなか困難で見つけた時に

はすでに手遅れになる場合がほとんどです。


最終のところでは手術により患部を切除する

ことになりますが、腫瘍が悪性の場合には

肺などの他の臓器に転移していることが

あるためです。

 犬の口臭がにおう、よだれがたくさん出る  TOP

スポンサードリンク


関連記事
  呼吸がへん   ・ いびき
   くしゃみや咳・鼻水がでる
スポンサードリンク





 犬の口臭がにおう、よだれがたくさん出る  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved