もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬の目が白く濁っている。


  もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬の目が白く濁っている。
スポンサードリンク

 スマートフォンページ

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬の目が白く濁っている。 

 
<原因>

白内障、角膜潰瘍など。


<症状>

目の表面の角膜に炎症がおこり、

進行すると、角膜の一部が白く濁って

しまいます
。これを角膜潰瘍といいます。


先がとんがった物などで角膜に傷を

つけてしまったときなどもおきますので

毎日の生活の中でも注意が必要です。


白内障では、生まれつき(先天性)のもの

、さまざまな原因で起こる後天的なもの

とがあります。


後天的に起こる白内障は糖尿病、

中毒性、外傷性、老齢性白内障があり

ます。


白内障の初期の段階では視力に特に

問題は出ませんが、症状が進むと視力に

影響してくるのと共に緑内障も併発する

恐れがあります。


<治療法>

角膜潰瘍であれば、消炎剤や抗生剤、

点眼薬などの投与によって通常ならば

良くなります。ですが
潰瘍が深くまで

いってしまっていた場合は
角膜を保護

する
手術が必要になることもあります。


どの場合にしても早めに病院で診て

もらい治療してもらいましょう。

家の中でもエリザベスカラーなどを

犬の首に巻きそれ以上炎症を進めない

ように注意しましょう。


白内障のほとんどは症状をそれ以上

進めないように点眼薬を使います。

近年では視力を回復させるための手術も

行われています。


こういった手術は一般の動物病院で

行われていることは少ないので大学

病院やその手術専門の獣医のいる

病院を紹介されます。


 犬の目が白く濁っている。  TOP

関連記事
 ・常に涙目・目ヤニがたくさんでる  
 ・白目や歯茎が黄色くなっている
 ・目の下のところから血の膿が出てきた

スポンサードリンク


スポンサードリンク





犬の目が白く濁っている。  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved