もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬の耳が腫れている原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬の耳が腫れている原因
スポンサードリンク

 スマートフォンページ

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬の耳が腫れている原因   

<原因>

耳血種(耳介血種)など。

耳介というのは皮膚と軟骨からできて

いる耳のそとがわのことをいいます。

この耳介が腫れると耳血種の病気に

なりとても犬は痛がります。


<症状>

耳介とその周辺や耳の入り口~奥まで

伸びている外耳道の炎症がある場合や

ダニやノミ等の寄生虫や草の実や木

なんかが付着していると頭を振ったり、

耳を足で掻いたりするようになります。

これらが原因で耳血種になります。


<治療法>

耳が腫れてしまった場合、自然と治って

しまう場合もありますが、普通は原因の

外耳炎などの治療を施します。


耳の中にたまっている血を抜きます。

一度血を抜いてもまたすぐに血が

たまってしまいますが、治療を途中で

やめないで完全に治るまで治療する

ことが大切です。


長い間にわたりこの病気を患っていると

たまっていた血が化膿してきたり、

病気が治った後に耳介が変形してし

まい耳の形が変わってしまう場合が

あります。


耳血種の治療はなかなか大変で、

手術が必要になる場合もありますし、

何と言っても犬がとても痛みを覚えます。


なので犬の様子をよく観察して、

早期発見、早期治療を心がけましょう。


 犬の耳が腫れている  TOP

スポンサードリンク


関連記事
 しきりに頭を振ったり、耳を掻く 

スポンサードリンク





 犬の耳が腫れている原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved