もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬が溝や側溝などに落ちてしまったら


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬が溝や側溝などに落ちてしまったら
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




犬が溝や側溝などに落ちてしまったら  

<原因>

おうちの中の階段の段差に足を滑ら

したり、散歩の最中に溝や側溝など

に足が落ちてしまうなど。


<特徴>

足を打撲していたりくじいていたり

ということが考えられます。もしくは

落ちた時にけがをして出血している

可能性もあります。


犬がキャンキャンと鳴いていたり、

足を引きずっていたりして動けない

状態のときは、そのままの状態で

あまり動かさないように抱えて家に

連れて帰りましょう。


大型犬などでかかえていくのが

困難な場合は、犬の歩けるペースで

ゆっくりとおうちに帰りましょう。


この場合の事故は下水道などの

ふたの上を走ったりしているときに

そのふたのくぼみや穴などに足が

とられたりして起こります。


足に異常がある場合は犬をできる

だけ歩かせないようにしてください。


<応急処置>

犬が足をあげたまま地面に着けない

場合は足の靭帯や関節などの異常

が考えられます。


できるだけ犬の足を触らないように

し、すぐに動物病院に連れて行き

検査をしてもらいましょう。


外傷がある場合は傷口をきれいな

お水でよく洗い流してください。

さらに犬が足をくじいてしまった

場合は、犬を安静にさせてあげま

しょう。


見た目には何も異常がないからと

犬を好きなだけ暴れさせていては、

あとから痛みが出てきます。


犬が激しく痛がる場合はなるべく

動かさないようにして、動物病院で

見てもらいましょう。


最近は肥満気味の犬も増えてきて

いるので犬の足への負担が増えて

います。


なるべく犬のベスト体重を維持できる

ように日ごろからエサの量の管理を

しっかりしてあげましょう。


また高齢の犬になればなるほど

治りは悪くなりますので、けがなど

には十分注意しましょう。


  犬が溝や側溝などに落ちてしまったら    TOP 

スポンサードリンク


関連記事
 高い場所から落ちてしまったら  
  ヘビやハチに襲われた
  針が刺さってしまった
 電気のコードをかじってしまった  
 もしも交通事故にあってしまったら   
 ・ 毒を食べた

 犬の毛を切っていて犬の皮膚も
  切ってしまった
 リードで犬の首がつってしまった 

 犬をふんずけてしまった、蹴飛ばして
  しまった
 

足をガラスや釘や木の枝などで切って
 しまったら

 シャンプーしているときに犬の耳に水
  が入ってしまった

 シャンプーしているときに犬の目が
  赤くなってしまった

 ボールなどが犬の目にあたって
  しまった
  爪がはがれてしまったら
  他の犬にかみつかれたら
  散歩の途中で歩かなくなる  
スポンサードリンク





犬が溝や側溝などに落ちてしまったら     TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved