もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬がおしりを床にこすりつけながら歩く原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬がおしりを床にこすりつけながら歩く原因
スポンサードリンク

 スマートフォンページ

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


犬がおしりを床にこすりつけながら歩く原因  

 
<原因> 肛門嚢炎、肛門周囲線種など。

<症状>

肛門の周辺には肛門嚢のほかにもさまざま

な分泌腺が存在しています。これらが炎症

を引き起こすと、
痛みやかゆみを訴えるよう

になります。
ひどいときには出血することも

あります



肛門周囲線種は肛門の周囲にしこりの

大きなものができ、しこりが破れてしまうと

血が出たり、臭い分泌液が出ることもあ

ります。


<治療法>

肛門腺はもともと排泄口の近くにあります

ので、犬が地面に座ると肛門腺も直接地面

につくことになりますので大変汚れやすい

部分になります。なので常に気を付けて

清潔にしてあげなければいけません。


肛門嚢の症状が進むと治療しても治り

づらくなってしまいます。

分泌物がすぐたまりやすい犬の場合は、

1か月に1回くらいは分泌物を絞って

出してあげましょう。



肛門嚢炎の症状が軽い場合は肛門腺の

たまっている分泌液を絞り出して全部

出して、あとは
薬で治療が可能です


ですが肛門嚢炎の症状が進んでしまうと、

肛門嚢の皮膚を破り穴が開いてそこから


膿が出てきてしまった場合は
手術が

必要になる場合もあります
。ちなみに、

肛門周囲線種では未去勢の雄犬に

たくさんみられています。


  犬がおしりを床にこすりつけながら歩く原因  TOP 

スポンサードリンク


関連記事
 ・犬がしゃっくりをする。      
 ・一人でお留守番ができない
 ・いつもよりいっぱい水を飲む    
 ・夜中ずっとほえていた
 ・ごはんを食べた後に苦しみだす 

 ・自分のうんちを食べたり、
  食べ物でないものを食べてしまう


 ・散歩中に急に歩かなくなってしまった
スポンサードリンク





 犬がおしりを床にこすりつけながら歩く原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved