もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬がリードで首をつってしまったら


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬がリードで首をつってしまったら
スポンサードリンク

 スマートフォン版はこちら

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー





犬がリードで首をつってしまったら  

<症状>

呼吸停止、脊髄の損傷による痛み、

麻痺など。


<特徴>

犬が一人で遊んでいるときに高い場所

から落ちてしまって首をつってしまった

ときや犬が犬小屋の屋根の上で眠るのが

好きな犬が屋根から落ちてしまったりなど。


これらの場合すぐに発見され、救出され

たあとに犬が動ける場合、いつもどうりに

していても体のどこかに痛みがないか

どうか調べましょう。


調べてなにも痛いところがなければ

大丈夫でしょう。ですがまだ安心はできま

せん。脊髄の損傷の程度によりさまざま

な問題が起こります。


体の痛みや、前足・後ろ足の麻痺が

おきて、最後には立てなくなります。

損傷がひどい場合には呼吸が出来なく

なってしまう場合があります。


<治療法>

首をつってしまっている状態から一刻も

早くおろしてあげて、平面のところに

おろしてあげます。


犬をあまり動かさないように静かに

病院に運んで、検査をしてもらいましょう。

脊髄の損傷が軽い場合で前足や後ろ

足に麻痺がない場合や麻痺していても

症状が軽くて歩ける場合は薬で症状を

よくすることもできます。


ですが犬を首をつった状態からおろして

から、いつもどおりにふるまっている場合

は少し犬の様子をみます。


そのままなにごともなく元気な状態の

場合もありますが、犬の体をさわって

嫌がったり怒ったり、どこか痛いところが

ありそうな場合には一度動物病院に

連れて行きましょう。


症状の度合いによっては大学病院など

を紹介される場合もあります。


 犬がリードで首をつってしまったら   TOP 

スポンサードリンク


関連記事
 高い場所から落ちてしまったら  
  ヘビやハチに襲われた
  針が刺さってしまった
 電気のコードをかじってしまった  
 もしも交通事故にあってしまったら   
 ・ 毒を食べた

 犬の毛を切っていて犬の皮膚も
  切ってしまった

 犬をふんずけてしまった、蹴飛ばして
  しまった
 

足をガラスや釘や木の枝などで切って
 しまったら

 シャンプーしているときに犬の耳に水
  が入ってしまった

 シャンプーしているときに犬の目が
  赤くなってしまった

 ボールなどが犬の目にあたって
  しまった
  ・溝や側溝などに落ちたら 
  爪がはがれてしまったら
  他の犬にかみつかれたら
  散歩の途中で歩かなくなる  
スポンサードリンク





犬がリードで首をつってしまったら  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved