もん吉の広場   犬の飼い方・選び方 サイト内検索
  

シーズーの飼い方


 
  もん吉の広場犬の飼い方・選び方シーズーの飼い方
スポンサードリンク

スマホ版はこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー



スポンサードリンク



シーズーの飼い方  

★名前の由来と生まれた場所

根強い人気の犬種です。

その昔からチベットやお寺・王族で神様に仕える

存在として大切にされてきた犬です。

その後中国の王族に仏教と一緒に伝えられ、

ペキニーズと交配してつくりだされた犬種です。

中国・チベットなどではシーズー・クウ<獅子狗>

と呼ばれこま犬とそっくりだったため魔除けの犬と

され大切にされてきました。


★毛の質と容姿

比較的小型な犬種で、骨格も筋肉も丈夫です。

柔らかく長い毛は豊かで頭としっぽを高々と上に

あげて快活に歩く姿は強さとかわいさを合わせ

持っています。


★大きさ

体の大きさは20.3センチでベストサイズは22.9セ

ンチから26.7センチ。体重は4.1から7.3キロの間

がベスト。


★寿命

だいたい13年くらい。


★性格と行動傾向

とても明るく元気な犬で、飼い主さんの気持ちを

察する能力を持っています。大きな瞳は飼い主

さんにいつも何かを訴えているみたいです。


★健康管理の気をつけること

大きな目が飛び出しているため傷つきやすい

です。目ヤニとなみだがたくさん出るのでこまめ

に拭き取ってあげましょう。あまりかゆそうな

しぐさをしたりするときはすぐに病院に連れて

行きましょう。

あと口が小さくて被毛が多いので暑さには

弱いです。温度管理を心がけ涼しく過ごせるように

してあげましょう。


★エサのあげ方の気をつけること

質の良いエサを犬の歳やコンディションを考慮して

与えましょう。

栄養を補う必要のある場合は病院の獣医さんと

相談して決めましょう。アレルギーのある犬には

病院から処方された食事を与えましょう


★しつけの際の気をつけること

日頃からけじめのある生活を心がければ特別な

しつけは不要です。気性の荒いところはほとんど

ない飼いやすい犬種です。


★お手入れの際の気をつけること

被毛がからみやすいのでこまめにブラッシングして

あげましょう。2・3週間隔程度の入浴をさせます。

お耳の中や顔のヒダの間は濡らしたタオルでこま

めに拭いてあげましょう、皮膚病予防になります。


★運動の際気をつけること

一日に2・3回外で一緒に遊んであげましょう。

良い運動になります。外気欲が不足すると皮膚の

抵抗力が下がります。大人の犬は朝と夜にそれぞれ

1キロほど早歩きで引き運動をしましょう。


★犬小屋の大きさ

家の中で飼えない場合は屋根付きの犬小屋が

必要になります。

(2メートル×2メートルくらい)庭につないで飼うの

は不向きです。


★シーズーに向いている飼い主

誰にでも服従できるように幼少時代からきちんと

しつければ飼いやすい犬種です。


★心配される病気

皮膚疾患や眼疾患、乳歯遺残や膝蓋骨脱臼等。


シーズーの飼い方  TOP

関連記事
チワワ
トイ・プードル
ミニチュア・ピンシャー
ポメラニアン
パピヨン
ウィルッシュ・コーギー 
セント・バーナード
日本スピッツ
グレート・ピレニーズ
ミニチュア・シュナウザー 
ブルドッグ
ミニチュア・ダックスフント
ダルメシアン
スポンサードリンク







 シーズーの飼い方のページ TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved