もん吉の広場  犬の飼い方・選び方 サイト内検索

犬が夜中ずっと吠える原因


   もん吉の広場犬の飼い方・選び方>犬が夜中ずっと吠える原因
スポンサードリンク

 スマートフォンページ

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


犬が夜中ずっと吠える原因   

 
<原因>  痴呆症


<症状>

最近のえさの質の向上や、いろいろな

病気の予防や寄生虫の駆除などが

たくさんの犬たちに施され、長生きな犬が

増加してきました。痴呆は高齢犬の全部が

なるわけではありません。


ですが
夜になると吠えはじめ、一晩中

吠えていたり、夜になると犬小屋の周りや

部屋の中をずっとぐるぐると歩き回る行動を

とる犬が増えてきました。


昼中は反対にずっと寝ているようです。


<治療法>

痴呆は治すことはできませんので、

飼い主さんの
介護が何よりの治療に

なります。
さらに動物病院からの症状に

あった適切な治療やアドバイスなどを

よいバランスで取り入れることができれば

症状を緩和させることは可能になります。


例をあげれば、
夜中吠えることやよるの

徘徊行動は鎮静剤や睡眠導入剤などの

薬を飲ませることで症状を緩和できます。



それから
ウンチの問題も犬用のおむつを

使用したり、大きくペットシーツを敷いたり

することで問題を軽減することができます。



あと夜の徘徊で壁や家具などにぶつかった

り部屋の隙間に頭を入れて出れれなく

なったりする犬には、
おふろマットを使います


お風呂用マットを何枚か組み合わせて

サークルを作ってあげると
ぶつかり事故を

回避する
ことができます。


  犬が夜中ずっと吠える原因  TOP 

スポンサードリンク


関連記事
 ・犬がしゃっくりをする。      
 ・一人でお留守番ができない
 ・いつもよりいっぱい水を飲む    

 ・おしりを床にこすりつけながら歩く 
 ・ごはんを食べた後に苦しみだす 

 ・自分のうんちを食べたり、
  食べ物でないものを食べてしまう


 ・散歩中に急に歩かなくなってしまった

スポンサードリンク





 犬が夜中ずっとほえる原因 TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
   もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved