もん吉の広場   ハムスターの飼い方・選び方 サイト内検索
 ハムスターを飼えるかどうか家族で相談しよう!
スポンサードリンク
  もん吉の広場>ハムスターを飼えるかどうか家族で相談しよう!


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)


*ハムスターの飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 ハムスターを飼えるかどうか家族で相談しよう!
  

  

ハムスターは夜行性

ハムスターは夜行性なので、もしかすると夜中にハムスターが活動する音が家族の迷惑になるかもしれません。

家族の中に動物アレルギーの人がいるかもしれません。

自分が外泊などの予定があるときには家族にハムスターのお世話を頼まなくてはならなくなります。

一人暮らしの場合には自己判断でハムスターを飼える準備が万端の場合にはいいかもしれませんが、一つの家の中で家族と一緒に暮らすのであれば、もちろん家族の同意が必要になります。


飼ってしまってからハムスターを家族が迷惑だからと返品することもできませんので、きちんとみんなの同意を得てからハムスターをお迎えしましょう。


ハムスターを飼育する環境

さらに、ハムスターを飼える環境にあるかどうかも大切なポイントになります。

ハムスターは小さくてケージもコンパクトですのであまり場所はとりませんが、ハムスターは音に敏感なので昼間静かに寝られる環境があるかどうかも重要なことです。

ハムスターは昼間に眠り夜に活動する動物なので、昼間大きな音がずーっとしていては眠ることができずにストレスになってしまいます。

それと夜に活発になるのでハムスターは大好きな回し車をカラカラ・・・・カラカラ・・・カラカラ・・・とひっきりなしに回して運動をします。


このハムスターの夜の活動の音が夜静かに眠っている家族の迷惑にならないかどうかも考えなくてはいけません。

回し車の音が家族の迷惑になるからといって、ハムスターのケージから回し車を取り外すなんてダメですよ。

ハムスターは運動不足でストレスになってしまいます。


ハムスターの毎日のお世話

あと生き物を飼う以上は当然のことですが、毎日のお世話がきちんとできるかどうかも重要なことです。

毎日のエサやりとお水を取り換えたり、トイレの掃除やケージの掃除などがきちんとできるかどうか。


ハムスターの温度管理

それからハムスターは温度変化にもとても敏感な動物なので、飼育下の温度が常に20度から26度の間で保てるかどうかと湿度も40%から60%の間で保てるかどうか。


これらのことなどを考慮したうえで、実際にハムスターを飼えるかどうかを家族で話し合って決めましょう。

 ハムスターを飼えるかどうか家族で相談しよう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

     ハムスターの飼い方・選び方   もん吉の広場TOPへ戻る 
   サイト内検索
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved