もん吉の広場   ハムスターの飼い方・選び方 サイト内検索
 ハムスター用品の選び方
スポンサードリンク
  もん吉の広場>ハムスター用品の選び方


もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)


*ハムスターの飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


 ハムスター用品の選び方
  

  

ハムスター用品は種類が豊富なのでそれぞれのシーンにあったものを選びましょう。

☆ケージ


ケージには大きく分けて3つのタイプがあります。

①水槽タイプのもの
②金網タイプのもの
③ハムスター専用のケージ

です。

それぞれに特徴があり、使い分けると便利です。

①水槽タイプのものは保温性に優れているので冬に適しています。さらに金網のような挟まる心配もないので安全性も高いです。ですが、保温性に優れているので、夏には不向きです。温度調節が難しくなり不衛生になります。

②金網タイプのものはとても風通しがいいので夏には最適です。ハムスターように販売されている金網タイプのものは床材が飛び散らないようにケージのそこが深く作られています。金網の網と網の間に足や手などが挟まりやすいのでケージの中の配置を工夫するなどして予防しましょう。

③ハムスター専用のケージはハムスターの行動パターンに合わせて作られています。ハムスターの種類によってもそれぞれ専用のケージが販売されていますので、種類とハムスターが成長して大きくなった時のサイズも考慮して選びましょう。


☆床材

ハムスターはもともと砂地に穴を掘って住んでいた動物なので、穴掘りをしたり砂の中に隠れて遊んだりするのが好きなので、床材を必ず用意してあげましょう。

さらに足の裏を保護する役割もになっていますので床材を敷くときには床から5センチ以上になるようにしましょう。

市販の床材が手に入らない場合には新聞紙やティッシュなどを小さくちぎって代用してもよいでしょう。

床材はほかにも冬の保温に役に立ってくれます。ハムスターは自分で巣箱に床材を詰めて保温性を保ち寒さをしのぎます。なので冬にはいつもより多めに床材を入れておいてあげましょう。

床材の種類

・紙でできた床材・・・万が一ハムスターが口にしてしまっても安心なところと、水分を吸ってくれるので掃除が楽です。

・コーンチップ・・・こちらも自然の材料を使用していますのでハムスターが食べてしまっても安心です。吸収性も抜群です。

・広葉樹・・・針葉樹でできたものに比べるとアレルギーの心配が薄いです。


☆トイレとトイレ砂

ハムスターはウサギのようにウンチはどこでもコロコロとしてしまうのでトイレするのはおしっこです。

ハムスターはおしっこは決まった場所でする習慣があるので覚えればずっとトイレでしてくれます。

なのでケージの中に必ずトイレ砂を入れたトイレを入れておきましょう。ハムスターは砂浴びも好きなので、トイレの砂は常に清潔な状態にしておきましょう。


ハムスター用のトイレには砂が飛び散らないようにトイレカバーがついたものとカバーなしのものとがあります。

トイレ砂を選ぶときにはぜひ固まらないタイプのものを選んであげてください。

固ますタイプの砂の場合には、もしハムスターが砂を飲み込んでしまったときに腸の中で詰まってしまう腸閉塞になってしまうと危険です。

なのでトイレ砂は固まらないタイプのものを選びましょう。


☆エサ入れ

エサ入れはハムスターがひっくり返したり、エサ入れをかじったりするので、しっかりと安定するものを選びましょう。

あと掃除のしやすさも大切です。

おすすめは陶器でできたエサ入れです。陶器なので重みがありしっかりと安定してくれますし、ハムスターがかじっても大丈夫です。

陶器に固定するための穴が開いているものもありますので、ひっくり返されるようなら、針金を通して固定しましょう。


☆給水ボトル

水入れは置くタイプだとハムスターがひっくり返してケージの中が汚れてしまいますしせっかくのお水も飲めなくなってしまいます。

なので水はいつでもきれいなお水が飲めるボトルに入れてあげましょう。ボトルはケージに取り付けられるタイプとケージの中に置くタイプと2タイプあります。水槽タイプのケージには置くタイプのボトルが便利です。置くタイプはハムスターがかじっても大丈夫なように木のカバーがついています。


☆巣箱

ハムスターは昼間はほとんど巣箱で寝て過ごすので、ハムスターの体のサイズに合ったものを選んであげましょう。

巣箱は陶器でできたものと木でできたものとあります。
陶器の巣箱はひんやりと過ごせるので夏に最適です。木でできた巣箱はハムスターがかじっても安心です。


☆回し車・おもちゃ

ハムスターは運動が不足するとストレスがたまるので必ず運動できる回し車やおもちゃなどを用意してあげましょう。

・回し車・・・回し車の回るところと回らないところの隙間のあるものはハムスターがけがをする可能性がありますので危険です。購入する前にしっかり確認しましょう。

・トンネル・・・ハムスターは狭いところを通るのが大好きです。おもちゃの安全性と掃除のしやすさを確認してから購入しましょう。

ハムスター用品の選び方

スポンサードリンク
スポンサードリンク

     ハムスターの飼い方・選び方   もん吉の広場TOPへ戻る 
   サイト内検索
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved