本文へスキップ

ブルドッグの飼い方

ブルドッグの飼い方

PCページはこちらから

HOME犬の飼い方・選び方ブルドッグの飼い方

ブルドッグの飼い方


★名前の由来と生まれた場所
生まれた場所はイギリスです。

犬と牛を決闘させるゲームのために牛に噛み付いて振り払われても放さない強い顎と噛み付いた状態でも呼吸が出来るように鼻は短くつくられました。

これがブルドッグの起源です。

ブルドッグの「ブル」は”オス牛”の意味からつきました。

今ではゲームの目的ではなく、その愛らしい姿から鑑賞用の犬種として根強い人気があります。

★毛の質と容姿
口は短くあごは出ていて大きく咬む力がとても強いです。

ブルドッグのつくりが噛み付いたとき振り払われないようになっています。
スポンサードリンク


★大きさ
体重はオス犬で22.7キロ・メス犬で18.1キロくらい。

★寿命
だいたい10年から12年ほど。

★性格と行動傾向
温厚な性格をしていますがとても意思が強く、勇ましいです。

どちらかといえば楽天的なところもありますが、とても根性があります。

★健康管理の気をつけること
短く折りたたまれた鼻なので寒暖の変化には抵抗力が弱いです。

環境には十分気をつけて温度管理をしてあげましょう。

★エサのあげ方の気をつけること
若干肥満気味のスタイルのほうがドッグショーなどでは喜ばれるので質の良いエサ以外にも乳製品や野菜・卵黄や内臓等をコンディションを考慮し与え栄養を補います。

★しつけの際の気をつけること
日頃からけじめのある接し方を心がけます。

犬とのコミニュケーションのために引き運動は欠かせません。

一度人間に対する支配欲が芽生えると修復するのが難しいので気をつけましょう。
スポンサードリンク


★お手入れの際の気をつけること
毎日濡らしたタオルで拭くことと毛をブラッシングをします。

あと顔面のシワの間もタオルでよく拭いて清潔を保ちましょう。

結膜炎の病気を防ぐため洗眼も毎日心がけましょう。

★運動の際気をつけること
幼少時代からおもちゃをくわえて遊ぶ運動は精神的にも肉体的にも強くします。

毎日2回ほど遊ばせてあげましょう。大人の犬は朝と夜にそれぞれ30分ほど引き運動をさせます。

★犬小屋の大きさ
犬小屋は1メートル×3メートルほどの広さが必要です。

ヒーターや体を冷やす冷却板などを犬が暑かったり冷たすぎたりした時、自分でよれられるだけの広さを確保するためです。

あとは雨や日差し対策のされた運動できるスペースがあればベストです。

★ブルドッグに向いている飼い主
食事のコントロールや運動の調整、住環境での温度管理などなど細部にわたって心配りが必要なので犬に時間をかけてあげられる方。

さらにこの犬をとても愛してあげられる方です。

★心配される病気
関節の病気、眼の病気、皮膚の病気など。

一年に3回から4回くらい定期的に検診を受けることが必要です。

HOME犬の飼い方・選び方ブルドッグの飼い方

ギャラリー


スポンサードリンク