本文へスキップ

タイトル

PCページはこちらから

 チワワの飼い方

HOME犬の飼い方・選び方チワワの飼い方

チワワの飼い方




★名前の由来と生まれた場所
由来は様々な説がある。
9世紀ごろメキシコのある部族が小さいテチチと呼ぶ犬を飼育していました。

テチチは毛が長くしっかりとした骨格です。

このテチチを交雑し今のようなスタイルになりました。生まれた場所はメキシコです。
スポンサードリンク


★毛の質と容姿
最小犬として知られています。

頭部はアップルヘッドと呼ばれていてリンゴのような丸型です。

耳も目も大きいですが目は飛び出ていません。

頭やしっぽを上に上げて元気一杯に歩きます。

スムース種とロングコートとあります。

スムース種は短毛で滑らかな手ざわりです。

ロングコートは柔らかい毛で首や足、しっぽなどに長い飾り毛が生えています。

★大きさ
体の大きさはオス・メス両方とも13センチ。

体重はオス・メス両方とも2.7キロは越えることはありません。

★寿命
おおよそ13年程。

★性格と行動傾向
飼い主と知らない人との区別がきちんとしていて、飼い主に遊んでもらうのが大好きです。縄張り意識がとても強いのでいい番犬になります。快活に家の中を走り回ります。

知らない人には強い警戒心を抱いています。

スポンサードリンク


★健康管理の気をつけること
スムース種もロングコートも寒さに弱いので冬の冷え込みに注意し保温を気をつけましょう。

あとは日光浴をよくさせてあげましょう。

運動と休憩時間をきちんとけじめをつければ健康で丈夫な犬種です。

★エサのあげ方の気をつけること
食間が長いと空腹から低血糖症にかかりやすいので幼少期にはエサを4、5回に分けてあげましょう。

大人の犬も2回に分けてあげます。卵黄、お肉、魚の身等を一日のエサの10%を越えないよう加えてあげれば食欲を持続します

★しつけの際の気をつけること
幼少時代から好き放題させないで、飼い主に服従することを教えます。

飼い主の「イケナイ」の一言ですぐに悪い行動をやめるよう常日頃から身に付けさせましょう。

★お手入れの際の気をつけること
スムース種は常に蒸しタオルで拭いて清潔にし豚毛ブラシでとく位でよいです。

ロングコートはコーミングとブラッシングを合わせて行います。3、4週間隔程度で入浴させてあげましょう。

★運動の際気をつけること
幼少期は公園や広場などに連れて行き遊ばせ社会性を養います。

大人の犬は朝と夜にそれぞれ1kmほど引き運動をさせます。

知らない人や他の犬に吠えたら「イケナイ」と叱って、このとき犬を抱いたり立ち止まったりしないでそのまま歩き続けます。

★犬小屋の大きさ
チワワの2倍ほどの大きさのものを使いましょう。寒さに弱いのでペットヒーター等を用意しましょう。

★チワワに向いている飼い主
チワワは誰にでも飼いやすい万人向きの犬種です。

独立心が旺盛なため留守が多い家でも飼えます。

★心配される病気
目の角膜の病気や乳歯の遺残の病気、膝蓋骨脱臼の病気、抱き落としの事故など。

HOME犬の飼い方・選び方>チワワの飼い方

ギャラリー


スポンサードリンク