本文へスキップ

犬の熱中症対策・夏バテ対策

犬の熱中症対策・夏バテ対策

PCページはこちらから

HOME犬の飼い方・選び方犬の熱中症対策・夏バテ対策

犬の熱中症対策・夏バテ対策


大切な愛犬を夏バテ・熱中症にさせないようにワンちゃんが過ごしやすい環境づくりをしてあげましょう。

気温や湿度のみならず犬小屋の置き方にも配慮してあげましょう。

<部屋の温度>
部屋の温度は24度から27度の間で直接日光があたらないところがよいでしょう。

暑かったり寒かったりしても体調に悪影響になりますのでクーラーの設定温度は24度から27度に設定しましょう。

かなり風の通りがあるところなら少しくらい温度が高くても気持ちよく過ごせます。

<部屋の湿度>
だいたいワンちゃんが気持ちよく過ごせる
湿度は50パーセントから60パーセントくらいです。

それよりも少しくらい湿度があっても風の通りがあればワンちゃんはそんなに不快にはならないでしょう。

さすがに90パーセント以上の湿度はワンちゃんも嫌がります。
スポンサードリンク


<犬小屋の置き場所>
お昼間の暑い時でも温度が高くなりにくいところに置きましょう。

一戸建ての場合は2階はどうしても気温が上がりやすいのでなるべく1階の涼しい部屋に置きましょう。

飼い主が過ごす涼しい部屋などに。

あとはエアコンの風が直接当たらない場所にしましょう。

マンション・アパートの場合は一戸建てのときと同じ飼い主が過ごす涼しい部屋に犬小屋を置きましょう。

だいたいリビングが南のところにあることが多いので暑い部屋になってしまわないように風の通りを作りましょう。

それか一番涼しい北の部屋に犬小屋を置くか、こちらも湿度がこもる傾向にあるので風の通りを作りましょう。

<お水>
常に新鮮なお水が飲めるように水ボトルだけじゃなくてたっぷりガブガブ飲めるようにボウルに入れてお水をあげましょう。

夏は暑いのでお水が腐りやすいため、まめに新鮮なお水に変えてあげましょう。

外で飼っている犬の場合は水があったかくならないように日のあたらない涼しい場所に置き、
大きめのボウルに新鮮なお水を入れてまめにお水を交換してあげましょう。

スポンサードリンク


<熱中症・夏バテ対策、なるべくエアコンを使わない方法>
 
 
冷やす@
 
飲み終わったペットボトルにお水を入れて凍らす。

これに薄めのタオルなどを巻いて犬のそばにおいてあげる。

よくあるビニールに入った保冷剤は犬がかじって事故の元になりますのでやめましょう。

 
冷やすA

床の直接の熱をさえぎるためにすのこを敷きます。

床と犬のおなかとの間に隙間ができるので涼しくなります。

犬がすのこを嫌がるそぶりを見せる場合はすのこの上に何かお気に入りのタオルか布を敷いてあげましょう。

 
除湿

素焼きのタイルを使いましょう。

素焼きのタイルは湿気を吸収してくれるので湿気をおさえることができます。

よく使われている備長炭などもかごに入れて飾っておくだけでもいいでしょう。

ワンちゃんがよく寝そべるところに素焼きのタイルを敷いてあげればワンちゃんもひんやり涼しく過ごせます。

 
熱をさえぎる

最近流行の緑のカーテンを使いましょう。

窓際にアサガオやゴーヤなどつるの延びる植物が良いでしょう。

植物の葉っぱからでる水蒸気で空気が冷やされ涼しい風が入ってきます。

HOME犬の飼い方・選び方犬の熱中症対策・夏バテ対策

ギャラリー


スポンサードリンク