本文へスキップ

犬を飼う前に気を付けたいこと

PCページはこちらから

犬を飼う前に気を付けたいこと

HOME犬の飼い方・選び方犬を飼う前に気を付けたいこと

犬を飼う前に気を付けたいこと

犬との暮らしを素敵なものにするために・・・

犬との暮らしの失敗は犬種選びを失敗していることがほとんどです。

犬の幸せは飼い主さんにかかっています。

一言で犬といってもいろいろな犬種がいますし同じ犬種でも個性がありそれぞれ性格も違います。

まず犬をかまってあげられる時間的余裕があるかどうか、精神的余裕や体力があるかどうかよく検討してみてください。
スポンサードリンク


ペットショップで見てついかわいくて衝動買いということも珍しくありませんがやはり犬の幸せを一番に考えてあげるなら衝動買いする前に、考えてみましょう。

その犬のこと基本的性質や性格どれくらいの運動量が必要でどのように接しなければいけないのか、自分の性格と相性はよさそうかどうか、毛の長い犬の場合は被毛のお手入れがきちんとできるかどうか。

病気になったとき近くに動物病院があるかどうか、家族が全員協力して飼えるか、など総合的判断が必要になります。

自分の生活スタイルに合った犬を選ぶ。
それぞれ家庭環境によってその生活環境にあった犬を選びましょう。

老人夫婦2人の生活ならあまり活発な犬は不向きですし、小さな子供がいる家庭では猟犬に使われていた犬や決闘に使われていた犬は不向きです。

子供にかみついたりするかもしれません。こういった家庭の場合は温厚であまり運動量が多くない犬種を選ぶとよいでしょう。

あとめんどくさがりな方などは毛の長い犬種を選ぶと毎日の被毛のお手入れが時間がかかるので不向きです。

なかなか忙しくて時間的余裕がない方は超大型犬などの一日2時間くらいの運動量が必要な犬種は不向きです。あまり力のない方は犬をコントロールできないので大型犬は無理があります。

飼い主の体力、性格、時間的余裕があるかないか、よく考慮して判断することが大切です。

自分の生活スタイルに合った犬を選ぶことが飼い主さんにとっても犬にとっても一番幸せなことなのです。


スポンサードリンク


ベストな犬選びは犬を飼う目的をはっきりさせましょう。
まずオスかメスの違いや大きさはどれぐらいまで大きくなるのかや運動はどれくらい必要になるのか?

被毛の手入れはどれくらいの技術と時間がかかるのか?など等十分検討しましょう。

犬の繁殖を目的として飼うのか、ドッグショーを目的として飼うのか、犬種をそれぞれよく吟味して決定しましょう。

サイズや外見は好みだけど気質や性格が自分とは合わなそうだとか、犬の運動量にあった十分な運動できる広さがない、犬種特有のかかりやすい病気の発生の割合が高いなどなど・・・事前にその犬のことをきちんと知っておけば失敗はかなり軽減されるでしょう。

ペットとして飼う場合のポイント
まず自分の好みの犬種が考えられますが生活スタイルや環境に合う犬のサイズや基本的な気質等を考慮して決めましょう。

犬を飼う場所が屋内で飼うのか屋外で飼うのかにより犬種も違ってきます。

屋内で飼う場合は小型で運動量が少ない犬種のがよいでしょう。

屋外で飼う場合は大型の運動量が多い犬種がよいでしょう。

大型犬を屋内で飼う場合はとても徹底したしつけが必要になりますし、家族みんなが犬の扱いに慣れていなければなりません。

あと一日に数回、外気浴をさせてあげることと運動のために何度か連れ出してあげられるかどうか考慮しましょう。

HOME犬の飼い方・選び方犬を飼う前に気を付けたいこと

ギャラリー


スポンサードリンク