本文へスキップ

ミニチュア・ピンシャーの飼い方

ミニチュア・ピンシャーの飼い方

PCページはこちらから

HOME犬の飼い方・選び方ミニチュア・ピンシャーの飼い方

ミニチュア・ピンシャーの飼い方


★名前の由来と生まれた場所
ジャーマン・ピンシャーを品種改良して小さくした犬種です。

始めはねずみの退治のために作出されました。ドーベルマンとよくにていますがミニチュア・ピンシャーの方がずっと前に作られた犬です。

日本の習慣でミニチュア・ピンシャーをもっと凛々しくするために耳、しっぽを切ったりすることがあります。


★毛の質と容姿
ドーベルマンが小さくなったようなきれいな張りのある体躯です。

短毛で艶があり手ざわりは滑らかです。

毛色はレッドやブルー、チョコレート&タン、ブラック&タンなどがあります。

頭は体の大きさと釣り合う大きさで口元はきりっとしていてお上品です。

瞳はアーモンドアイでキラキラしています。
スポンサードリンク


★大きさ
大きさは25センチから30センチ、体重は4キロから5キロです。

★寿命
約13年から14年くらい。

★性格と行動傾向
小さな犬ですがとても勇敢な犬です。俊敏で運動能力に長けています。

家族の人たちにはとても友好的で遊ぶことが大好きです。警戒心の強い犬ですのでお家の番犬としても頼りになる犬です。


★健康管理の気をつけること
とても健康な犬でほとんど手がかかることはありません。

ただ冬期の冷えは犬の体力を奪いますので保温に気をつけましょう。

★エサのあげ方の気をつけること
特別に気をつけることはありませんが、とても活発な犬なので食事は栄養バランス良く与えます。

冬期は時どきチーズ等をあたえてエネルギーを常時補います。

★しつけの際の気をつけること
とても強気な犬なので幼少期からけじめのある対応を常に心がけ日頃から飼い主に対する信頼と服従心を育て、わがままになりやすいところを軽減します。
スポンサードリンク


★お手入れの際の気をつけること

日頃はタオルなどで体全体をマッサージしてあげるくらいで、あとは時どき蒸しタオル等で体を拭きましょう。

活発な犬なのでコンクリートなど固い地面などでの運動が足りないと爪が伸びてしまいます。

爪が伸びていたら切ってあげて常時短い爪を維持しないと、指や足、全部の関節に負担をかけてしまいます。

★運動の際気をつけること

とても活発な犬なので朝と夜の2回1.5キロほど早歩きで歩きます。

できれば10分ほど飼い主と草むらなどで自由に走り回ったりすると犬の心身を健やかにさせ、さらに飼い主のことが大好きになります。

★犬小屋の大きさ

犬小屋は40センチ×50センチ×高さ50センチくらいでよいですが、冬期は保温のためペットヒーターを入れてあげましょう。


★ミニチュア・ピンシャーに向いている飼い主
誰にでも飼いやすい犬ですが、子供や運動が嫌いな人には向きません。

★心配される病気
眼の病気(外傷)、抱き落としの事故、足の関節の障害などです。
HOME犬の飼い方・選び方ミニチュア・ピンシャーの飼い方

ギャラリー


スポンサードリンク