本文へスキップ

パピヨンの飼い方

PCページはこちらから

 パピヨンの飼い方

HOME犬の飼い方・選び方パピヨンの飼い方

パピヨンの飼い方

★名前の由来と生まれた場所
パピヨンの名前の由来は大きな耳にある長毛の飾毛の様子がまるで蝶が飛んでるみたいにみえることからフランス語の「蝶」をあらわす言葉からつきました。

マリーアントワネットにとても寵愛されていました。
スポンサードリンク

★毛の質と容姿
蝶のような大きな耳がチャームポイントです。

シルクのような飾毛で被われたしっぽはとてもゴージャスです。小型な犬です。

★大きさ
この犬の大きさは20センチから28センチ。

体重はオス3.6キロから4.5キロ、メス3.2キロから4.1キロ。

★寿命
だいたい13年ほど。

★性格と行動傾向
エレガントでデリケートなイメージを感じますが非常に明るく大胆です。

動きは俊敏で怖いもの知らずです。いろいろなシーンに順応できます。


★健康管理の気をつけること
エサは犬の歳や体の状態にあったものを与えます。

たっぷり外気浴等をさせて皮膚のアレルギー疾患などの予防を心がけましょう。
スポンサードリンク

★エサのあげ方の気をつけること
犬の歳や体のコンディションにあったものを選び与えます。

幼少期の頃からいろいろなお肉や、内臓や白身の魚や新鮮な野菜を時どき食べさせて好きな食べ物の種類を増やしておきましょう。病気などで食欲が落ちてしまった時などに大きな助けになります。

★しつけの際の気をつけること
あせらず同じことをめげずに根気よく「よし」と「いけない」このふたつの言葉を教えます。

タイミングがずれたり、何度も繰り返し続けると飼い主が嫌いになります。

犬と一緒に遊びながらしつけをしていきましょう。

★お手入れの際の気をつけること
犬を膝の上に抱いて幼少期の時からブラッシングやピン・ブラシ、耳のお手入れ等のお手入れの好きな子になるように育てましょう。

日頃はブラッシングが主です。耳や首周りやしっぽのあたりは特に飾毛が切れてしまわないように注意が必要です。

1ヶ月に2回ほどシャンプーします。リンスも必要です。

★運動の際気をつけること
子供の犬なら庭やベランダなどに1日4〜5回ほど出してともにあそんであげましょう。生まれてから6週から7週くらいまでは外の環境に慣れさせてあげる期間です。

日に2回ほどは少しでも外と触れさせるように心がけましょう。

大人の犬は朝と夜それぞれ20分ほど早歩きで運動させ、さらに自由に10分程運動させてあげましょう。

★犬小屋の大きさ
犬小屋の大きさは50センチ×50センチ×高さ50センチくらいのケージ。

それとは別に遊び場としてサークルが必要になります。

毛が長いのでサークルやケージに毛がひっかからない物を選びましょう。

★パピヨンに向いている飼い主
犬と遊んであげることが好きな方であれば誰にでも飼いやすい犬です。

★心配される病気
乳歯遺残や皮膚炎(外気浴不足だとかかる)。

HOME犬の飼い方・選び方パピヨンの飼い方

ギャラリー

スポンサードリンク