本文へスキップ

トイプードルの飼い方

PCページはこちらから

トイプードルの飼い方

HOME犬の飼い方・選び方トイプードルの飼い方

トイプードルの飼い方



★名前の由来と生まれた場所
原産地は中部ヨーロッパ。
プードルの名前の由来はもともと水鳥猟のときに使われていたところからドイツ語の「水を分ける」、「水を跳ねる」という意味からつきました。

特徴のあるヘアースタイルから人気になり愛玩犬として小型に改良されました。

スポンサードリンク


★毛の質と容姿
しっぽは体のバランスに合わせてカットされ特有のポンポンの毛で飾ります。ふわふわとした毛は様々なファッションスタイルを楽しむことができます。

★大きさ
USA・・・オス、メスともに24.5センチ以下。

日本・ヨーロッパ・・・28センチ以下。


★寿命
だいたい15年ほど。

★性格と行動傾向
とても人好きで賢くて物覚えがよく運動能力もとても高く機敏です。少々敏感で自信家で気まぐれなところもあります。

★健康管理の気をつけること
乳歯の遺残や不正歯列になりやすいので乳歯が生え変わるときには気をつけましょう。

あと耳の垢をいつも清潔にし、毛のお手入れは肝心です。


★エサのあげ方の気をつけること
大人の犬は1日に2回に分けてあげます。

エサの成分で毛の状態が定まってくるので慎重に選びましょう。小麦の胚芽油などをえさに加えてあげると皮膚の生まれ変わりを促進し、良い毛質になります。


★しつけの際の気をつけること
生まれてから6週間ほどまではいい子でケージにいられるようにしつけましょう。

良いことといけないことをきちんと教え犬のわがままは許さないようにしましょう。

賢くて物覚えがいい犬種なのでどんどん教えましょう。

分かりやすいしつけを心がけて、いいことをしたときはすぐによくほめてあげましょう。
スポンサードリンク


★お手入れの際の気をつけること

お手入れは毎回必ず台の上でするようにします。基本まいにち ブラッシングは必要です。

毛先を傷めないようにブラッシングの前にはグルーミング剤を使うとよいでしょう。

★運動の際気をつけること
幼少期には運動できるコンクリートの場所がいります。大人の犬は早足で3、4キロの運動。

それとあと犬が自由に走り回れる運動もさせます。運動が多かったり足りなかったりすると体のスタイルがくずれます。

★犬小屋の大きさ
犬小屋は50センチ×50センチ×高さ55センチくらいでいいでしょう。あとはコンクリートの運動のできる場所があればよいです。

さらに雨が降った時のために屋根があれば完璧です。

★トイ・プードルに向いている飼い主
毛のお手入れが毎日必要になるのでそれが負担にならない方なら誰にでも飼いやすい犬種です。

★心配される病気
白内障や乳歯の遺残、脊椎の湾曲や膝蓋骨障害など。

HOME犬の飼い方・選び方トイプードルの飼い方

ギャラリー

スポンサードリンク