本文へスキップ

もん吉の広場

PCページ版はこちら

ウサギの暑さ対策

スポンサードリンク

TOP > ウサギの飼い方・選び方>ウサギの暑さ対策

<夏季のウサギの健康管理>
ペットとして飼われているウサギが快適に生活を送れるように夏場に気をつけたいことは?
部屋の温度の管理。20度から25度を維持する。

ウサギの好むエサを常に与えて食欲がいつも変わらないようにする。
扇風機やクーラーの直接の風が当たらないように工夫する。

家を留守にするときはウサギがいる部屋を閉め切らないで扇風機をつけていくなどして気流を循環させておく。

エアコンを使用しなくても涼しい部屋の場合はなるべく風通しの良いところにケージを設置する。

ベランダや屋外で飼う場合は日陰で風通しの良い場所にウサギ小屋を設置する。

 <健康管理について>
飼育環境として一番適している温度は20度から25度の間です。

どんなに暑い夏の日でも28度は超えないように温度管理してください。

特にまだ小さい子ウサギや弱っている老年のウサギなどには要注意です。

ある程度大人のウサギであれば多少の暑さには慣れていますが、ただ絶えられるというだけの話で快適に過ごせている訳ではありません。

そんな状態が長期間続くと人間と同じように夏バテになってしまいます。

食欲がなくなったり元気がなくなったりと体の調子が悪くなりますので温度管理に注意して、食欲がなさそうなときには好物やウサギのおやつを食欲増進をはかるために少し与えてみたりといろいろ工夫してみてください。

夏場は春夏秋冬の中でもっともウサギの体調に注意が必要なときです。

スポンサードリンク


 <部屋の中での暑さ対策>

一番簡単な暑さ対策の方法がエアコンを使っての室温維持ですが、その際気をつけなければならないのが風が直接あたらないようにすること。

うさぎはとてもデリケートなので風が直接ずっと当たっているという状態がとてもストレスになります。絶対にやめましょう。

部屋で広いスペースに放し飼いの場合は自分で好きな場所に移動できますが、ケージの中にいるウサギは動けないのでかなりのストレスになってしまいます。

あとエアコンを使用しない場合は特に気をつけなければなりません。

ケージの設置場所は一番涼しい1階の北の部屋に設置しなおかつ扇風機と換気扇を利用して直接の風が当たらないようにし常時空気が循環しているようにしておきましょう。

暑い密閉されて気流のない環境では熱中症になってしまう危険性があります。

 <屋外飼育の場合の暑さ対策>
外でウサギを飼う場合には風通しのある場所にウサギ小屋を設置してよしずなどの日よけになるものを必ず用意しておき日の当たる日中でも常に十分な日陰になるようにしましょう。

あまり風のない日は扇風機で風を送ってあげても可。

屋外でも室内でも同じくですが屋外飼育下では特に気をつけなければならないのは暑い夏場は絶対に飲み水を切らさないことです。

飲み水を切らすと大変危険です!!!

昔はウサギに水を与えなくてもよいなど間違った見解が広がっていましたが
実はウサギはとてもよく水分を必要とする動物なのです。

まだ今でもあまりよく知られていないかも知れませんがそんなことを未だに言っている人がいたら訂正してあげてください。

全国のうさぎがそんなデマのせいで悲しい最後にならないように間違った知識を正しましょう。

いくら屋外で飼っているからといってもそれは理由にはなりませんので必ずこまめに飲み水のチェックをしてあげましょう。

ギャラリー