もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索

うさぎの緑内障

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気うさぎの緑内障
スポンサードリンク

 スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎの緑内障  


スポンサードリンク


 <うさぎの緑内障>

うさぎの目は眼房水(がんぼうすい)と

よばれる液体により目の眼圧が一定に

保持されています。

この眼房水の機能が妨げられると眼圧

が高くなってしまい目に問題が起こって

しまう病気です。


 <症状>

遺伝からくるケースでは生まれてから3か月から5か月くらいで症状が

出ることがほとんどで、眼圧が上がることで目が飛び出したようになります。

瞼が下りづらくなり角膜が白く濁り潰瘍が出ることもあります。

痛みが出てくると元気もなくなってきます。

そのままほかっておくと早い段階で失明してしまう場合もあります。

結膜は赤くなってしまい瞳孔が開いたままになり光を認識しなくなります。


 <治療方法>

早い段階で目の圧を下降させる薬を

使用します。


治療には長期間かかりますが

あきらめないで治療を続けましょう。


瞼が下りずらい場合は目を守る薬を

使用します。


 <緑内障の予防方法>

この病気は遺伝により

ニュージーランド・ホワイトに発症し

やすいので、もしニュージーランド・ホワ

イトが緑内障を発症したら遺伝する可能

性がありますので繁殖は避けたほうが

いいでしょう。


うさぎの緑内障  TOP 

スポンサードリンク



関連記事
 目ヤニがたくさん出る 
ドライアイ 、結膜炎 、涙囊炎

眼瞼異常鼻涙管の閉塞  

上部気道炎(スナッフル)
 

目頭のところから瞬膜が
飛び出している
 
 瞬膜突出(チェリーアイ) 

目の水晶体が白く濁っている
 
白内障 

目の角膜が白く濁っている
 
角膜炎 、緑内障 

 涙がたくさん出る
 
角膜炎 、鼻涙管の閉塞 

目の瞼がまくれてしまっている
 
眼瞼異常 

 目の充血
 
結膜炎 、緑内障 

  目が飛び出している
 
緑内障 

  目の下の毛がごわついている
 
鼻涙管の閉塞 涙囊炎 

瞼が腫れている
 
結膜炎 



うさぎの緑内障  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved