もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索
 

うさぎのエンセファリトゾーン

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎのエンセファリトゾーン
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎのエンセファリトゾーン  


 
原虫エンセファリトゾーンに感染してなる病気です。

この原虫は目や脳や腎臓などに寄生します。

この原虫はいろいろな哺乳類、犬や猫、モルモットやネズミなどに

感染するのですが中でもウサギに寄生する確率が高いのです。

この病気は人間にも感染する病気です。

この原虫に感染しているうさぎのおしっこにこの原虫の胞子があるので、

これを口から取り込んでしまうと感染してしまいます。

さらに母ウサギから胎児に胎盤を通じて感染してしまう場合もあります。

この病気は不顕性のウサギが多いのですが、その中の一部が発症します。


 <症状>
   
原虫エンセファリトゾーンが脳の中で増えてしまうと、神経症状、斜頸や

けいれん、麻痺や運動失調などが起こります。

腎臓でこの原虫が増えてしまった場合にはこれといった症状は少ない

のですが、腎疾患の症状が現れる場合があります。

目でこのエンセトファリゾーンが増えてしまった場合は、目の水晶体で

病変が起こります。

白目の部分が赤くなることがあります。

 <エンセファリトゾーンの治療方法>
    
うさぎの血液を採取しエンセファリトゾーンにきく抗体が分かるようになりました。

ベンズイミダゾール系の薬が効果があるとされています。


 <エンセファリトゾーンの予防方法>
 
エンセファリトゾーンはうさぎのおしっこの中に胞子が一緒に排出されるので

この胞子を口から取り込んでしまうと感染します。

なのでうさぎのトイレを常に衛生的に保つことが一番の予防になります。

トイレだけでなくうさぎのケージも衛生的にし、換気をこまめにしましょう。

うさぎのエンセファリトゾーン   TOP 

スポンサードリンク



関連記事
  顔が腫れている
 
顔面膿瘍 、やけど

  首が曲がっている
 
パスツレラ症 、外耳炎 、耳疥癬

斜頸エンセファリトゾーン
スポンサードリンク





うさぎのエンセファリトゾーン  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved