もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索

うさぎの皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎの皮膚糸状菌症
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎの皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)   


    
この病気は皮膚糸状菌と呼ばれて

いるグループの真菌が引き起こす

皮膚の病気です。


うさぎに感染することが分かって

いる真菌は毛瘡白癬菌と犬子胞子

菌です。


飼育環境が不衛生な状態であったり、

皮膚糸状菌症のうさぎに接触したり、

そのうさぎの抜け毛に接触してし

まったりすると感染してしまいます。


 <症状>
   
発症部位は通常は耳や四肢、頭部

に症状が現れます。


円形脱毛になり、フケが見られ、

皮膚はカサカサに乾燥した状態に

なります。


ひどくなると全身に症状が現れ

ます。


皮膚糸状菌症かどうかの検査は、

毛や皮膚を採取して、それを顕微鏡

検査や真菌の検査などで診断し

ます。


 <皮膚糸状菌症の治療方法>
   
治療には抗真菌剤を使います。

さらに、抜け毛やフケなどから感染

してしまいますので、治療とともに

うさぎのケージなども毎日消毒薬

などを使って衛生的に保つことが

重要です。


この皮膚糸状菌症は人間にも

感染する病気です。


そのほか、犬や猫、フェレット・

プレーリーなど様々な生き物に

感染しますので、皮膚糸状菌症に

かかったら一緒に飼っている動物に

感染しないように別の場所に隔離

することも大切です。 


 <皮膚糸状菌症の予防方法>
   
この皮膚糸状菌症という病気は

健康な状態で、なおかつ免疫力が

低下していなければ、感染の確率は

低くなるでしょう。


毎日の衛生的な飼育環境や食事の

栄養バランスなどに配慮することで

十分な予防法になります。


人間やほかの動物への感染の

可能性がありますので、すみやかに

動物病院で治療を初めて適切に治療

しましょう。


感染しているウサギに接触した後は

必ずよく手洗いを行いましょう。 

うさぎの皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)   TOP 
スポンサードリンク


関連記事
 脱毛がある
 
湿性皮膚炎 、 ノミ 、被毛ダニ

 足の裏に脱毛がある 
 
足底皮膚炎  、肥満症

  被毛の艶がない
 
うさぎ蟯虫 、 慢性腎不全

 水ぶくれができている
 
やけど

  皮膚が噛まれている 
 
咬傷
スポンサードリンク





うさぎの皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)  TOP 
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved