もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索

うさぎの粘液性腸症(盲腸便秘)

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎの粘液性腸症(盲腸便秘)
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎの粘液性腸症(盲腸便秘)  


 
うさぎは盲腸が発達しているので、

その盲腸の中の腸内細菌のおかげ

で栄養が豊富に作り出されています。


この盲腸の役割が著しく低下して、

盲腸の中の物が粘土のようになって

たまってしまう状態を粘液性腸症と

いいます。


さらに大腸でゼラチン状のような粘性

の液が豊富に作り出されるので、

粘性の下痢などや便秘になったりし

ます。


生まれてから7週間から14週間くらい

の子供のウサギに多くみられ、死んで

しまう確率も高い病気です。


 <症状>
 
うさぎの盲腸の状態が極度の酸性に

なり、粘液を分泌する量が増えます。


症状は便秘や粘性の下痢。食欲も

落ちて、元気も著しくなくなっていき

ます。


 <粘液性腸症の治療方法>
 
治療は胃腸の働きを元に戻して

あげるために、食欲増進剤や消化

機能改善剤などを使います。


便秘や便を排泄させるために浣腸

を使う場合もあります。


 <粘液性腸症の予防方法>
 
繊維質が高くて、炭水化物の少ない

食餌をさせることで粘液性腸症の

予防になります。


胃腸の働きを活動的にさせる牧草を

ウサギが好きなだけたっぷり食べら

れるようにしておきましょう。

うさぎの粘液性腸症(盲腸便秘)   TOP 
スポンサードリンク


関連記事
 下痢がみられる
 
腸炎症候群 、粘液性腸症 

腸コクシジウム 毛球症 、

ティザー病

  血尿がみられる
 
膀胱炎 、急性腎不全  、

尿路結石子宮疾患

  おしっこの量が多い
 

慢性腎不全


 頻尿
 
膀胱炎 、 慢性腎不全 、

尿路結石

 便秘
 
粘液性腸症 、 腸閉塞 、

毛球症
スポンサードリンク





うさぎの粘液性腸症(盲腸便秘)  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved