もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索

うさぎの斜頸(しゃけい)

もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎの斜頸
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー


うさぎの斜頸 

 
斜頸は頭が片方に曲がって行ってしまう病気です。

この病気は内耳や脳の中の前庭部での平衡感覚をになっている神経が

侵されて起こります。

この病気になる原因はパスツレラ菌やエンセファリトゾーンという原虫です。

血栓症になったときやなにか強い衝撃などにより首の筋肉を傷めて

斜頸になっている場合もあります。

さらに外耳炎などの痛みから、頭を痛い方に傾けている場合もあります。


 <症状>
 
よく鼻水を垂らしていたり、くしゃみをしているウサギは

パスツレラ菌の関与が考えられます。

斜頸の症状が重い場合は頭だけでなく体までもが傾いてしまい

横に倒れてしまうようになります。

食事もとりずらくなってきます。

 <斜頸の治療法>
 
この斜頸という病気は完治しにくい病気です。

ですがなるべく早い段階で斜頸になってしまった原因を発見し、

その原因になっていると考えられる病気の治療をすることが大切です。

斜頸の症状が重くなってしまったウサギでもきちんと治療を続ければ

よくなる場合もあります。


 <斜頸の予防方法>
 
衛生的でない環境にいたりストレスがかかっていると抵抗力が低下し、

パスツレラ菌などに感染してしまいます。

ウサギにとって快適に過ごしやすく、衛生的な住環境が一番の予防法に

なります。

もちろん抱落としなどの強い衝撃も与えてはいけません。

さらに鼻水を垂らしていたり、くしゃみをしていたり、外耳炎や耳疥癬などの

ような様子が見られたら、早い段階で動物病院につれていってください。

かわいいうさぎちゃんの命に係わる病気でもありますので気を付けましょう。

早期発見・早期治療が大切です。

うさぎの斜頸(しゃけい)   TOP 

スポンサードリンク



関連記事
  顔が腫れている
 
顔面膿瘍 、やけど

  首が曲がっている
 
パスツレラ症 、外耳炎 、耳疥癬

斜頸エンセファリトゾーン
スポンサードリンク





うさぎの斜頸(しゃけい)  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved