もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索
 

うさぎの歯周病

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎの歯周病
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎの歯周病 


< 原因 >

 
歯周病は歯を周りの歯肉や歯槽骨や歯根膜等

が炎症していることをいいます。


歯のかみ合わせが悪くなっていると歯の間など

に食べ物のカスが残り細菌が増加したり、

長く伸びてしまった歯で歯茎を傷つけてしまい、

傷口に細菌が入って感染してしまったりします。


歯に歯垢がついてその中で虫歯菌が歯を

溶かしてしまうのが虫歯、歯肉を炎症させて

しまうのが歯肉炎、歯と歯肉の隙間に細菌が

増えてしまうと歯槽膿漏です。


炎症が歯槽骨まで進んでしまうと、膿瘍の

もとになってしまう場合があります。


その際に細菌が血液を流れて体中に運ばれ

腎炎、心内膜炎や肝障害、血栓や関節炎

なども引き起こしてしまう可能性があります。


 <症状>
 
歯周病になっているウサギは強い口臭が

あり、歯肉がはれてしまい血が出やすい

状態になり、エサは固めのものは食べる

ことができなくなります。


症状が重い歯周病の場合は歯の支えに

なっているあごの部分の骨が壊れて、

歯が抜けてしまったり、顔面膿瘍などの

もとになります。


 <歯周病の治療方法>
 
噛み合わせが悪いことからの歯周病

なのであれば、伸びすぎている歯を削り

かみ合わせを良くなるように処置します。


さらに膿瘍がある場合は良くない組織を

取り除きます。


どの場合も全身や疾患部位に抗生物質の

薬を使います。


 <歯周病の予防方法>
 
うさぎの歯周病のほとんどは歯のかみ合せ

が原因の場合が多いので、チモシーなどの

牧草を主食にしてかみ合わせが悪くなら

ないようにしてあげましょう。


うさぎの歯は生涯ずっと伸びるのであまり

歯垢が蓄積することは少ないのですが、

人の食べるようなビスケットなどのお菓子は

与えないことが一番です。


定期的に動物病院で歯周病のチェックを

してもらったり、またはなにか治療を行う

際などに麻酔をかけるときがあれば、

一緒に歯周病もチェックしてもらうと

いいでしょう。


うさぎの歯周病   TOP 

スポンサードリンク



関連記事
  口臭が強い
 
歯の破折 、歯周病

 よだれがたくさん出ている
 
不正咬合

 固いエサが食べれない
 
 不正咬合 、歯周病

 歯ぎしりする
 
尿路結石 、不正咬合
スポンサードリンク





うさぎの歯周病  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved