もん吉の広場  うさぎの飼い方・選び方サイト内検索

うさぎの湿性皮膚炎(しっせいひふえん)

 もん吉の広場うさぎの飼い方・選び方うさぎの病気>うさぎの湿性皮膚炎
スポンサードリンク

スマホページはこちらから

もん吉の広場

 MENU
* お知らせのページ

*犬の飼い方・選び方
ラインナップ
犬を飼う前のポイント
自分と相性の良い犬種の
               選び方
犬のしつけ方
犬の病気
犬のお産妊娠~出産
こんな事故にあってしまったら
困ったなぁ~こんな時は?

*うさぎの飼い方・選び方

ラインナップ
うさぎってどんな動物?
うさぎの選び方
住環境づくり
ウサギグッツの選び方
うさぎのごはん
毎日のお世話の仕方
熱中症対策
うさぎの病気

*猫の飼い方・選び方
 
 意外と知らない
     猫ちゃんの秘密を
       ご紹介します(*^_^*)

 
*ハムスターの
       飼い方・選び方

*SWEETs DECOの作り方
ラインナップ
デコレーションケーキの作り方
イチゴタルトの作り方
フルーツタルトの作り方

*モンキーポッド観察日記

*フリー素材のページ
ラインナップ
十二支のフリー素材
顔文字&記号フリー素材
スイーツデコフリー素材

*リンクページ

*サイト マップ

*プライバシーポリシー




うさぎの湿性皮膚炎(しっせいひふえん) 


 
うさぎの湿性皮膚炎は常に皮膚が

湿っていたり濡れていたりすること

で、細菌が増えてしまい起きる皮膚

炎です。


歯のかみ合わせが悪いことが原因

で常によだれが垂れていたり、目の

病気で常に目ヤニや涙などが出て

いたり、慢性的な下痢の症状だった

りと常に皮膚が湿っている状態で

いることがこの病気の原因になり

ます。


 <症状>
 
背中のしわやあごの下などが常に

濡れた状態になって、それから脱毛

や皮膚が赤くなってきます。



 <湿性皮膚炎の治療方法>
 
皮膚が湿っている原因の病気を治療

します。


原因の病気を治して皮膚の湿った

状態を改善します。


一番大切なことは皮膚を乾燥した

状態に戻すことです。


治療には抗生物質や消毒薬なども

使います。


 <湿性皮膚炎の予防方法>
 
小屋の床面などに飲み水などが

こぼれている状態がないように水入れ

を改善したり、おしっこなどで床面が

濡れていることがないようにまめに

掃除をしてうさぎの体が汚れてしま

わないようにしましょう。


また、風通しや換気もこまめにする

ことが大切です。

うさぎの湿性皮膚炎(しっせいひふえん)   TOP 
スポンサードリンク


関連記事
 脱毛がある
 
 ノミ 、被毛ダニ

  円形脱毛がある
皮膚が乾燥してる
 
皮膚糸状菌症

 足の裏に脱毛がある 
 
足底皮膚炎  、肥満症

  被毛の艶がない
 
うさぎ蟯虫 、 慢性腎不全

 水ぶくれができている
 
やけど

  皮膚が噛まれている 
 
咬傷
スポンサードリンク
 




うさぎの湿性皮膚炎(しっせいひふえん)  TOP
もん吉の広場サイト内検索ボックス
 もん吉の広場 Copyright ©2011 もん吉の広場 All Rights Reserved